MENU

企業薬剤師の仕事の内容の説明

薬剤師,企業,仕事

薬剤師の働き方は、調剤薬局や病院で働くだけではなく企業薬剤師としての働き方もあります。
企業薬剤師と一言でいってもその仕事の内容はどんな事をしているのか想像がつかないはずです。
企業薬剤師の仕事の内容は、幅広く働く企業によっても変わってきます。
一般的によくあるのが、MRと呼ばれる医薬品の営業です。
会社が開発した医薬品を病院などに販売し、その正しい服用方法や注意事項の指導を行います。
また現場に行った際に、薬の問題点やその効果などの情報収集も行います。
MR以外にもいろいろな職種があります。
新薬開発に関わるDI業務というのもあります。
このDI業務は、新薬開発に関わる全体の補助を行います。
その他にも薬を研究する研究職として病気のメカニズムを解明をはじめ基礎研究から新薬の開発に向けた研究やデーター収集や非臨床実験などを行います。
さらに研究職から上がってきた情報を統括したり臨床実験を行うの開発職です。
開発職は臨床データーを病院を訪問してデーター収集を行うので、全国の病院を飛び回る場合もあります。
どの業務も薬剤師としての知識を活かせる業務内容で、病院や調剤薬局での業務との違い調剤業務をほとんどする事がありません。
どの業務も、人気が高く採用人数が少ないのが特徴で、募集が出てもすぐに募集終了までの期間が短期間の場合が多く個人で仕事を見付けるのは難しいです。
その為、多くの人が求人サイトなどに登録して利用しています。

 

企業薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

企業薬剤師への就職
薬剤師の就職先として人気がある企業薬剤師、実際の募集などはどの様な状況なのでしょうか?
企業薬剤師への転職
薬剤師として企業への転職、中途採用情報を入手する方法は、オンラインで探す事が出来る薬剤師求人サイトを活用する。
薬剤師としてMRで働く
企業薬剤師として働く窓口として求人数が多く採用枠が多いのがMRの仕事です。MR求人募集を紹介しています。