MENU

調剤薬局薬剤師求人|転職、就職情報

調剤薬局薬剤師,転職,求人,サイト

薬剤師の就職、転職先で一番人気のある薬局、調剤薬局求人を紹介しています。

 

薬剤師求人を探す方法もハローワークや地域の求人情報誌や求人サイトなど有りますが、医療系の求人は専門サイトで探す方がたくさんの条件の求人紹介が出来るので有利で希望の求人が探しやすいですよね!

 

薬剤師専門求人サイトも最近では増加した事でサイト選びも重要になる傾向に有ります。薬剤師求人サイトの中でも得意分野が明確になっているサイトや得意な地域、働き方なども有ります。

 

調剤薬局や門前薬局など薬局系に強いサイトなど希望する職場や働き方などで選ぶ事も重要です。

 

そこで当サイトでは、薬剤師求人と言うくくりではなく、調剤薬局、ドラッグストア、病院、医療系や企業系薬剤師求人などに分けて、その分野に強い薬剤師求人サイト、転職サイトを紹介しています。

 

薬剤師の職場の中でも一番人気の有る薬局系、調剤薬局薬剤師は、ほとんどの薬剤師求人サイトで強みがありますが、その中でも紹介求人数も豊富で、コンサルトさんのサポートや知識が豊富なサイトを厳選して紹介しました。

 

調剤薬局薬剤師として働く事を希望されている方、転職希望の方も是非、下記の薬剤師求人サイトで希望求人を見つけて下さい。


調剤薬局薬剤師求人に強いサイト

ファルマスタッフ

 

国内最大級の薬剤師求人サイトのファルマスタッフは、日本調剤グループが運営しているので調剤薬局など薬局系の薬剤師求人紹介に強いサイトの1つです。
保有する求人数は、70000以上あり、半数以上が調剤薬局など薬局系の薬剤師求人ですので調剤薬局の薬剤師求人をお探しの方には是非ご利用頂きたいサービスです。

 

正社員、アルバイトやパート、紹介予定派遣、派遣紹介まで紹介可能で、どの様な働き方、雇用形態にも対応が可能ですので、あなたの希望する働き方が出来ますよ!
調剤薬局と決められているのならファルマスタッフは、紹介求人数も多く、大手薬局チェーンから小規模の薬局、地域密着型の薬局や自社運営の薬局など豊富な求人紹介は魅力ですよ!

 

 

 


 

リクナビ薬剤師

 

調剤薬局薬剤師求人は、ほとんどの薬剤師求人サイトで強みがありますが、その中でも当サイトがおすすめしているのがリクルートグループが運営するリクナビ薬剤師です。
リクナビ薬剤師は医療系、病院系薬剤師求人よりも薬局系、ドラッグストア系の店舗で働く薬剤師求人に強みがあります。

 

大手調剤薬局チェーンから地域密着の薬局までたくさんの求人紹介が可能です、各条件の求人数も豊富で、希望する地域でのサポートも充実しています。全国ほとんどの地域をカバー出来る為、どこの地域で求人探しをしてもより多くの求人紹介が出来ると思います。

 

しっかりとサポートを受けながら転職活動をしたい方には満足出来ると思います。この機会に登録を済ませて希望求人をお探しください。

 

 

 


 

薬キャリ

 

女性に人気の薬剤師転職サイトで利用者数も業界トップクラスの薬剤師求人サイトの薬キャリ
旧名はエムスリーキャリアで、常勤からパートまで幅広い求人に対応出来るサイトで、主婦薬剤師さん、女性薬剤師さんの支持率は高く、利用者も満足度も高いですよ!

 

専任コンサルトさんが、紹介求人の職場環境や人間関係などもリサーチ済みの案件が多いのが特徴です。
特に調剤薬局、門前薬局などの働きやすい職場環境への転職にはおすすめです。
正社員以外でもアルバイトやパートとしての働き方の提案も出来るので自分のライフワークに合わせた働き方が出来ますよ!

 

上記リクナビ薬剤師とは、また違う視点からの求人紹介が可能な事からも同時に登録して見て比べる事で働き方の幅の広がると思います。

 

調剤薬局薬剤師の給料、年収は?転職の決め手とは

薬剤師の全国平均年収は、533万円です。(平成25年賃金構造基本統計調査)男性薬剤師562万円、女性薬剤師520万円と言う結果が出ています。若干女性薬剤師さんの年収は下がりますが、男性薬剤師の場合、高年収の方も多く平均年収を牽引していると思われます。

 

では調剤薬局薬剤師の年収はどうなのでしょうか?
調剤薬局は、薬剤師の職場としてもっとも多く、薬剤師平均年収がそのまま当てはまると思われます。調剤薬局薬剤師の年収は500万円前後です。
月収、給料は30万円〜40万円に賞与と言う給料形態が多い様です。あくまでも平均ですので年齢や経験、仕事内容などによってそれ以上の職場も有れば、それ以下の職場も有ります。
また、薬剤師の場合、地域差が大きく左右されることも多く、県別の薬剤師平均年収などにも違いが有るようです。

 

薬剤師は、他業種に比べて給料、年収よりも条件や就業規則、職場環境などを重視する方が多く、転職される方のほとんどが、給料も大事ですが、それよりも条件面で求人探しをされているそうです。
もちろん、仕事の報酬(給料)は重要ですが、比較的給料面で恵まれている薬剤師業界では、職場環境などを気になさる方が多く年収、給料は平均よりも若干低くても条件が合えば転職を希望されることも有ります。
特に男性薬剤師さんは給料、年収面での転職も多いのですが、女性薬剤師さんの場合は、通勤時間や条件面などが重要の様です。


調剤薬局の薬剤師に就職、転職

調剤薬局など薬局系の薬剤師求人募集は、薬剤師の求人として一番多い職種ですよね!調剤薬局の薬剤師求人募集は、薬剤師求人の全体の半数以上にあたります。
薬剤師の就職先として一番多いのも調剤薬局ですが、調剤薬局も最近は、処方箋だけを扱う店舗以外にもOTC医薬品も扱う店舗や日用品も扱うドラッグストアよりの店舗などいろいろな形態があります。

 

調剤薬局と言えば処方箋、調剤の仕事がメインになりますが、店舗によってはそれ以外の仕事もある事も有ります。門前薬局の場合ですと調剤業務も多く処方箋が仕事の大半を占めると思いますが、そうではない薬局も有ると言う事ですね!

 

ドラッグストアと調剤薬局の壁が無くなってきているのが現状ではないでしょうか?ドラッグストアでも調剤施設完備の店舗も増えてきています。処方箋数は調剤薬局とは比べ物にならないと思いますが、これから増加していき、調剤薬局を脅かすかも知れませんからね!

 

調剤薬局は、全国にコンビニよりも多いと言われています。調剤薬局は医薬分業の影響で急激に増加しましたが、この医薬分業の見直しも検討されている昨今、調剤薬局の薬剤師求人募集は減少していくかも知れません。
まだまだ、調剤薬局の薬剤師求人募集が豊富な今のうちの好条件の応募を探して見ませんか?

薬剤師求人の大半が調剤薬局という事実

薬剤師の就職先で一番多いのが調剤薬局ですよね!調剤薬局は、薬剤師と求人募集の半数以上で就職先でも一番です。
調剤薬局の店舗数は、コンビニよりも多く職場としては家近で探すことも可能ではないでしょうか?やはり求人募集数が多いことで、仕事探しの幅が広がりますよね!通勤時間、職場、報酬、条件など様々な目線から自分に合う職場探しも可能です。

 

地方の方でも比較的容易に求人探しが出来るのが調剤薬局の薬剤師求人です。病院があればほとんどの場合、近隣に調剤薬局が1、2件はあります。また市街地、駅前など医薬分業の影響で、調剤薬局の店舗数は増加して薬剤師の求人募集はそれに伴い増加したという理由があります。また、この時期に薬学部が6年制になったことで一時的に薬剤師不足が起こるというおまけ付きでした。

 

薬剤師の就職先、転職先としての調剤薬局は、募集数が多く多くの条件の求人を探すことも可能です。また地域によっては薬剤師不足も後押しして報酬面でも魅力のある求人募集もありますね!
また、女性、主婦や子育て中の薬剤師さんの働きやすい職場づくりに取り込む店舗も増えています。転職される薬剤師さんが増加しているのも調剤薬局の採用条件が恵まれておることや報酬面でも転職したほうが有利なケースもあるからだと思います。

 

医療業界の職場環境は目まぐるしく変わることがあります、働く側には有利になることも不利になることもありますが、医療業界の就職、転職は、今は有利になっていることが多いので薬剤師さんで転職や再就職などをお考えなら今、行動したほうが良いかもしれませんね!

調剤薬局薬剤師への転職|調剤薬局求人に強いサイト記事一覧

調剤薬局の仕事に就いたとき、薬剤師として処方箋を元に薬を調合していくことになります。患者さんは、診察を受けた後に医師から処方箋を渡されることになりますが、調剤薬局では処方箋を元に薬を調節していくことになるのです。処方箋に書かれている薬剤の量を間違えることなく調合していく必要がありますし、時には処方箋の問題点について医師に問い合わせる必要も出てきます。医師は、薬を処方するときに必ずしも正しい知識で出...

薬剤師の資格をお持ちの方が就職する場所と言えば、病院の中にある薬局の他に調剤薬局やドラッグストア、製薬会社等があります。この中で一番多い就職先が調剤薬局とドラッグストアになります。件数が多いことや薬剤師としての知識と技能を活かせる職場ということで選ばれているのです。調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容を確認してみましょう。患者さんが病院やクリニックを受診すると、診察した医師が処方箋を出します。医師が出し...

薬剤師さんが調剤薬局に転職をする理由は色々あるのですが、一つには業務の違いがあります。病院などの勤務では、医療関係者スタッフとの連携をしっかりとしていなければなりません。急患が入れば、個人の事情より患者優先で、勤務時間も長くなってしまうこともあります。ところによっては夜勤もしなければならないところもあります。ところが民間の企業である調剤薬局では勤務時間・勤務日数も決められていて、残業も殆どないとこ...